information

杉山気功科学研究所ホームページ → http://www.sugiyamareihu.com

ご利益のある護符ホームページ → http://www.sugiyamareihu.com/ohuda 

   


中国バブルははじけるのか? タダの土地はもう誰も買ってくれない。

0

    太湖のほとり・・・・無錫のまちへ・・・・

     

    の太湖も洪水であふれていると聞きます。

     

    上海ガニはどうしただろうか?みんな逃げだしただろうか?

     

    と人間よりもカニのことが心配です。

     

     


    中国のダムが壊れそうだと、わくわくして期待している人が多い気がします。

     

    そんな人の不幸を願うなんて、いけません。(ワクワク)

     

    しかしダムの崩壊もそうですが、バブルの崩壊もありそうです。

     


    中国の不動産バブルのことです。

     

    中国が驚異の経済発展が出来たのは、外国資本が中国の安い労働力を

     

    利用したからに他ありませんが、ついでに中国自体は、今までタダの土地に

     

    値段がついたことです。

     


    まあ、利用権ですが。

     

     

    日本でもそうでした。タダの畑や田んぼが何千万円とか何億円という

     

    値段がついて気が狂ってしまいました。

     

    オラいつのまにか資産家になっただ。

     

    家建てて、外車に乗って、美味いもん食って、旅行に行くだ。


    資産10億円だべ。


    このような事が中国中で起きて、地方政府は潤いに潤ったのです。

     

    国民は数年ごとに倍になったマンションを3つも4つも借金で買って

     

    値上がりを待っています。完全に転売用の使えない箱です。

     


    中国共産党は、何が何でも不動産価格を落とすことが出来ませんが、

     

    もう頭打ちで上がるのは無理そうです。

     


    中国の成長は止まったのです。

     

    もとより、国営企業の内容は酷いもので資金繰りで生きているだけだと思われます。

     

    今までは外資にタダの土地に値段をつけて売ってまる儲けでしたが、

     

    外資も徐々に引き上げ出し新たな投資も増えないと思われます。

     


    タダの土地が売れなければバブルもはじける時が近づいています。

     

    中国共産党は今、お金が無いかもしれません。

     

    ドルを3兆ドルほど持っていると言ってますが、本当は無いのかもしれないです。

     

    香港を支配下に置いたのも、香港の持っている4千億ドルを取りに行ったとも

     

    言われています。

     

    ドルの枯渇は以前から言われていましたから。

     


    また、中進国の壁である国民一人当たりGDP1万ドルが近づいてきました。

     

    BRICSはこの1万ドルの壁に全員跳ね返されています。

     

    外国企業の下請けや真似だけでは、この壁を越えられないのです。

     


    世界をリードして支配するような革新的な企業が2つ3つないと

     

    のし上がれないのです。

     


    結局中国は土地バブルがはじけた時に、衰退していくのでしょう。

     

    頭は打ったので、どこまで持ちこたえるかです。

     

    中国の不動産の今日の時価は52兆ドル(5,200兆円)と言われますが、

     

    未だに上がり続けています。

     

    風船は最大限にふくらみ続けています。

     

    何かしらのショック(ドルの枯渇?)で破裂寸前だと思われます。

     

     

     

     



    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    ホームページ

    image.jpg
    願いを叶える護符の作成
    image2.jpg
    来訪の方への気功施術、
    遠隔地の方への遠隔気功

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:613 最後に更新した日:2020/08/08

    search this site.

    others

    メルマガ購読・解除
     

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM