information

杉山気功科学研究所ホームページ → http://www.sugiyamareihu.com

ご利益のある護符ホームページ → http://www.sugiyamareihu.com/ohuda 

   


内臓は何も言わずにサインを送る

0
    ピースの又吉直樹氏の単行本「火花」文藝春秋 を読みました。

    我ながらミーハーだと思いました。

    感想ですが、何とも・・・才能はある程度感じられるかな?ご苦労様という感じです。
    偉そうな事を言いましたが、常人には書けないのは確かです。

    絶賛とか天才とか驚いたとかの評価は出ないと思います。
    カポーティの「カポーティ」のように5行読んだら天才だと判る凄さがあれば良かったのに。
    ちょっと期待してしまいましたが。まあ会話のおつまみにどうぞ。

    小説って、鬱屈してるか斜に構えているか陰気で被害妄想でもないと書けないと思います。
    明るく爽やかで健康そのもので、元気が溢れかえっていたら書けないでしょうね。

    よくまあ、そんな風にひねくれて人の話を捉えるなと橋田菅壽賀子氏の「渡鬼」を見て思ったものです。
    人間って、みんなあんなに腹黒いの?と思いましたが、あんな風に思っていたら疲れると思います。

    良く、腹黒いとかハラワタが腐っとるとか言いますが、本当にそういう人は内臓の病気になるので
    昔の人は真実を言い当てているなと、感心します。

    人は病気の遺伝子を色々と持っていますが、発現しないように暮らしていれば病気にならずに
    過ごせます。ただ、老化とともに発現するのは仕方ないですが。

    病気は大きく分けて、4つしかないと聞きました。
    1、細菌やウィルスの感染症。2、骨折や怪我、やけどや傷。3、妊娠出産時。4、老化。

    あれはどうだ、これはどうだと言うご意見はあるでしょう。何せ医学校では2万種類の病気と
    その対処法を学ぶそうですから。

    例えばアレルギーはどうだ?と言われますと、感染症に強い身体であれば発症を防げると思います。
    小さい頃から細菌が一杯の環境で育ち抵抗力があればアレルギーも発症しないでしょう。

    寄生虫もアレルギーに良いと言う話もありますし。

    深刻になるほど頭も良くなく、身体を動かし、腹に一物もなく、明るく単純に過ごしているのが
    宜しいかと思います。

    この間、友人が膵臓が良くないということで、「膵臓をやられる人は、女遊びが原因だ」と言ったら
    怒って笑っていました。どうも信じてないようですが、本当なのですよ。(証拠はないですが)

     


    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    ホームページ

    image.jpg
    願いを叶える護符の作成
    image2.jpg
    来訪の方への気功施術、
    遠隔地の方への遠隔気功

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:431 最後に更新した日:2018/12/14

    search this site.

    others

    メルマガ購読・解除
     

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM