information

杉山気功科学研究所ホームページ → http://www.sugiyamareihu.com

ご利益のある護符ホームページ → http://www.sugiyamareihu.com/ohuda 

   


人畜無害なサカナクンをディスってみましょう。

0

    なんか温かくなってきて、このまま春に突入だろうか?

     

    そうなるとありがたいけど・・・

     

    温暖化バンザイ!

     

    今年は雪が降らなかったな〜、全国的に見て雪は少なかったのだろうか?

     


    気候が変わると・・ってテレビでやっていたけど。

     

    蛾の幼虫とかサナギとかが減ったり増えたりして、コウモリや鳥の餌が増えすぎたり

     

    減りすぎたりで、コウモリや鳥の数も増減して面倒な事が起きるとか

     

    言ってる。

     

    そうだね、全ての生き物が餌の対象になるから、極端な増減は

     

    色々と影響を及ぼすね。

     

    なるほど、なるほど。

     


    でも天然記念物に指定された、絶滅危惧種みたいな生物が全滅しても

     

    もはや困らないんじゃないかい?

     

    餌にもならないくらい少ないんだから。

     

    例えば、西表ヤマネコ・・・地元の人でも滅多に見かけないネコ。

     

    (西表ヤマネコ)

     

    ネズミを捕って役に立つこともないし、トンビの餌にもならないし。

     

    また、新潟県のトキ。1回全滅したから、これから先も生態系に影響することも

     

    なさそうだし、もういいんじゃね?

     

    また、山口県にいたというサカサヒトアルキモドキコサル・・えっ?知らない?

     

    そうだろうね。今てきとうに作ったんだから。

     


    まあ、要するに餌となるべき生物が極端に増減すると、捕食者の生物が困る

     

    という、単純で自然なことを人間が心配してもしょうがないと思うのです。

     


    この温暖化(本当かどうかはまだ判らない)も自然の一部である強欲で残忍で

     

    知能の遅れた人間がやっちまったことで、それすらも自然なことなので

     

    仕方がないということにしてしまいましょう。

     

    やがて人間の所為で人類が滅んでも仕方がないことで、宇宙の法則の一部に

     

    過ぎないのだということで。

     

    人類の歴史なぞ永久の中の一瞬です。

     

     

    かつて、三宅島が噴火(2000年)して島民が一斉に非難をして無人になったことがありました。

     

    (三宅島 噴火)

     

    5年くらいして島に人が帰ってきた時に、漁港の岸壁に伊勢エビが大繁殖していて

     

    人間がいないとこんなに繁殖するんだと皆が驚いたことがありました。

     

    多分、これ幸いと獲ったと思いますが・・。

     

     

    あのまま、無人島のままだったら伊勢エビはどこまで繁殖したでしょう?

     

    伊勢エビを食べるタコや魚が集まってきて、タコや魚も大繁殖して、そしてサメも来て

     

    タコや魚を捕食して、阿鼻叫喚の地獄絵図になったのでしょうか。

     

     

    幸い、タコも魚も声を発しませんので阿鼻叫喚にならず静かに食べられたでしょう。

     

    海の中は弱肉強食の恐ろしい世界です。そんな恐ろしい魚たちが好きな「サカナ君」は

     

    本当は残忍で凶暴な精神を備えたヒトかもしれません。ああ見えて・・・・

     

    「ギョギョギョ!(恐)」

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    ホームページ

    image.jpg
    願いを叶える護符の作成
    image2.jpg
    来訪の方への気功施術、
    遠隔地の方への遠隔気功

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:520 最後に更新した日:2019/11/16

    search this site.

    others

    メルマガ購読・解除
     

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM