information

杉山気功科学研究所ホームページ → http://www.sugiyamareihu.com

ご利益のある護符ホームページ → http://www.sugiyamareihu.com/ohuda 

   


男同士のキスシーンやベッドシーンは断固見たくありません。

0

    一説では、ホモセクシュアル(男性の同性愛)の人は

     

    お母様の体内にいる時に、男性ホルモンをぶっかけられて

     

    女から男に変身していくのだけれど、お母様が何かのショックで

     

    男性ホルモンをストップして、身体は男だけれど脳は女のままで

     

    生まれてきてしまった。

     

    という事を言われます。

     


    第2次大戦でドイツが空爆を受けて、その20年後の調査で

     

    ホモの男性が大量に出現した例からだそうです。

     

    しかし、日本中空襲を受けたけれど、そんな話は聞いた事がありません。

     


    なので、お母様が妊娠中に大きなストレスを感じると、女から男へ変態する

     

    時に脳が取り残されることがあるのではないか?と苦し紛れな事を言われています。

     


    しかし、戦国時代からずーっと男色というものが流行っていて、

     

    武士のたしなみくらいにポピュラーだったことを考えると、誰しも可能性が

     

    なきにしもあらず・・・とも思えます。

     

    想像はしたくないですが・・・。

     


    今でもタイでは女の格好をしたオカマが大量にいます。

     

    夜の街に立っていて商売が成り立つのですから、買う人も結構いるみたいです。

     

    タイ人に聞くと、オカマは結構金持ちだといいます。

     

    ふーん、そうなんだ・・・と・・・どう反応したら良いかわかりませんが。

     


    日本人1億2千万人を一人の人間としてみたら、少しくらい変わった細胞が

     

    あってもノープロブレムだと思います。

     

    大雑把に言って、細胞がある程度再生産(子供を産む)されればOKだと思います。

     

    LGBTの人は体制に影響を与えるほど多くはないと思いますし、

     

    そういう人たちも本人の所為でそうなっている訳でもないので

     

    どうのこうの言われても何ともしようがないと思います。

     

     

    ホリエモン氏が自分はホモだと公言してますが、想像したくもありません。

     

    女で失敗することだけは無さそうですが。

     

     

    アメリカのテレビドラマで、SIX  FEET  UNDER ( 葬儀社が舞台)

     

    というのが好きで見ていますが、

     

    主人公の弟が実はホモで家族には隠しているのですが、薄々気づかれてあたふた

     

    します。彼氏の黒人男性とのベッドシーンも入れてあるので、その都度

     

    違和感を感じてます。早く終わんないかな・・・と。

     


    男同士のベッドシーンをなんでしつこく入れてくるのか訳が判りません。

     

    需要があるのでしょうか?

     

    男女のラブシーンも結構あるのでバランスを取っているのでしょうか?

     

     

    あの名作映画の「ショーシャンクの空に」もオカマを掘られるシーンがあって

     

    また映画を見たいと思っても躊躇してしまいます。

     

    なんだか、お尻大丈夫かな?とぞわぞわしてしまいます。

     

    ま、とにかく男同士のキスシーンもベッドシーンも反対します。

     

    昔はこんなことは無かったのに・・・・

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    2425262728  
    << February 2019 >>

    ホームページ

    image.jpg
    願いを叶える護符の作成
    image2.jpg
    来訪の方への気功施術、
    遠隔地の方への遠隔気功

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:445 最後に更新した日:2019/02/15

    search this site.

    others

    メルマガ購読・解除
     

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM