information

杉山気功科学研究所ホームページ → http://www.sugiyamareihu.com

ご利益のある護符ホームページ → http://www.sugiyamareihu.com/ohuda 

   


絶対の安心を得るには覚ること・・・この世は実体の無いホログラムだと。

0

    ああ〜今年もなんとか無事に年を越せそうです。

     

    借金もないし、手形も切ってないし、資金繰りも困っていないし、

     

    それなりに生活も出来るし、夜、家に帰って飲む1杯のビールを美味しく

     

    飲めているし、話し相手もいるし、喧嘩もしていないし、そして全く健康だし・・・・

     


    これ以上の幸せはないなと、しみじみ思うのでした。

     


    ボクァアアア・・・SIAWASE だなぁ・・・と思うのです。

     

    ところで加山雄三さんは元気そうです。

     

    頭はカツラじゃないと言い張っているけど植毛かな?

     

    男性ホルモンが多そうなので、ツルッツルッなのは確実だと思うけど。

     


    隣の1コ先輩の人が奥さんに向かって「俺は仕事がないからな」と言ってました。

     

    仕事をしたいという意味で言ってました。

     

    今は週に2〜3回のアルバイトをしています。

     

    働くことが嬉しいと言ってます。

     


    そうなんだ〜仕事をしないという感覚は良く判らないけど、毎日行くところが

     

    あるのがいいんだな。そしていくばくかの報酬を得る喜びもあるし・・・

     


    ちょっと前に、同年のゴルフで8人集まった時に手術をしたり病気を持っていたり

     

    しているのが7人いて、何もないのは私だけだったということがありました。

     

    心臓関係の手術をしたのが2人いて、ガンの治療をして経過観察しているのが

     

    2人いて、ヘルニアなどの腰痛関係が3人いてと多士済々と言っていいのかどうか?

     


    若いころに激しいスポーツをしていたのは、心臓にきますね。

     

    ガンは公務員に多いような感じがするし、現場で働いていたのは腰にくるような

     

    感じがします。

     

    (ホログラム)


    私は、肉体はほぼ使わないし、スポーツも激しいのはしないし、自分を殺して勤めた期間は短いし、

     

    極力ストレスを感じない環境に生きてきたと思います。自慢していいのかどうか?

     


    他人と競争することが嫌いなので、サラリーマンも早々に止めましたし、生きていくだけなら

     

    自分で何とかできるでしょう、と甘い考えでなんとか生きて来れました。

     

    世間の基準から見れば落ちこぼれのような感じでしょう。誇れるような肩書は何もありません。

     

    と言って威張っています。(エッヘン)

     


    あの人は何々企業で部長だったとか、有名大学を出たとか、市役所に勤めていたとか、

     

    校長だったとか、そういうものは何もありません。

     

    近所の人も「一体あいつは何をしているんだ?」と言っています。

     


    説明をしづらい職業なので「通販をしています」と答えています。

     

    きっと怪しい健康食品でも売っているんじゃないか?と思われているかもしれません。

     

    世間体をあまり気にしたことがないのでどうでも良いと思っています。

     


    いわゆる記号(有名大学、聞こえの良い職業、資産、容姿、特技などなど)は三次元のもので

     

    生まれてから付け足しただけの表層的なものにすぎません。

     

    死ぬときは全て置いていきますし、あの人は立派だったと死んだ後に言われても聞こえませんし、

     

    そう言われたいがために拘りを持って生きるのはバカなことだと思います。

     


    例えば、今お金が100億円あって、30億円は株に、30億円は不動産に、40億円は貯金にと

     

    思うけど、株はゼロになることもあるし、不動産も天変地異で海に沈むこともあるし、貯金も

     

    預金封鎖で消えちゃうかもしれないしで、失う恐怖で夜も眠れないなと思うと、

     

    殆ど何もない今の状況なら安心して安眠の正月を迎えられると思うのです。

     


    この世に確実なものは何もないと判れば、何かに執着することも減ると思うのです。

     

    失う恐怖の一番のものは自分自身の命ですが、死んでも自分の意識は消えて無くならないと

     

    判れば、その恐怖も無くなります。またこの世は自分や人々の意識を投影したホログラムと

     

    判れば悟ったと同じことですので、絶対の安心も得られます。

     


    娑婆は遊びの場だと思います。

     

    では、皆様方、良いお年をお迎えくださいませ。

     

     

     

     

     

     



    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>

    ホームページ

    image.jpg
    願いを叶える護符の作成
    image2.jpg
    来訪の方への気功施術、
    遠隔地の方への遠隔気功

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:543 最後に更新した日:2020/02/14

    search this site.

    others

    メルマガ購読・解除
     

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM