information

杉山気功科学研究所ホームページ → http://www.sugiyamareihu.com

ご利益のある護符ホームページ → http://www.sugiyamareihu.com/ohuda 

   


仲の良い嫁姑は微笑ましい。

0

    立派なおばあちゃんになった同級生の女の子?とつい言ってしまうけど、

     

    何人かで会って話をしていたら、モンゴルに行った時の写真を見せてくれました。

     

    モンゴル人の若い女性を指して「この子可愛いでしょ?」と聞くので

     

    隣に立っている女性の方が可愛いと言ったら、

     

    「これは私の息子の嫁だ」「今回は嫁と二人で行った」と言います。

     

    ふーん、仲の良い嫁姑なんだと感心したものです。

     

    その同級生の女の子には3人の息子がいて、娘はいないから毎日訪ねてくる嫁が

     

    とても可愛いらしいです。

     

    (モンゴル美人)


    最近ではあまり話題にならない「嫁姑問題」というのは、時代と共に消えたのでしょうか?

     

    核家族で同居していないのが大きな要因だと思いますが、日本が急速に豊かになったお陰と

     

    言えると思います。

     


    我々の親の世代(昭和初期生まれ)までは、嫁姑問題はいつも話題の中心付近にありました。

     

    それは極端に貧しいことが原因だったと思います。

     

    家長制度の下に、序列が父、長男、母、兄弟姉妹、嫁と、他家から嫁いで来た嫁が最下列に置かれ、

     

    二度と戻れない実家と切り離され、いくら苛められても反撃出来ない一番弱い立場に嫁は

     

    立っていました。

     

    姑は自分が受けた屈辱を嫁に晴らします。まるで仕返しをしているように・・・

     

    (モンゴル美人・・トルコ系が入っている)


    なので、嫁が姑を殺すという殺人事件が時々報道されましたが、近所の人は

     

    「あれでは仕方がない」と嫁を責めることが無かったケースも多々あったようです。

     

    この嫁姑の関係が何千年と続いてきたのでしょう。

     

    ところが、戦後の高度成長が過ぎたころから、我々の親世代(苛められてきた嫁)の意識から

     

    嫁が来たら苛めてやろう、という気持ちが薄れ互いに仲良くしようという機運が高まってきた

     

    ように思います。

     


    どうせ喧嘩するから離れて暮らそうとし、そしてそれが可能な世の中になってきたからです。

     

    また、戦前の押さえつけられていた思考も「嫌なら出ていけば良い」に変わり、親とは別に暮らす、

     

    または旦那がダメなら離婚する、など選択肢が増えました。

     

    それもこれも世の中が豊かになったからでしょう。

     


    核家族の弊害もあるでしょうが、嫁姑問題が減った(まだ多少はある?)のは女性にとって良かったことなのだと

     

    改めて思ったのでした。

     

    ただ、男性にとっては「男は偉い」と無条件に決められていたのが、全くゼロになったので

     

    少し寂しいです。しかし、一体何だったのでしょうね。

     

    「女の一番頭の良い奴が、男の一番頭の悪い奴と同等くらいだ」と男尊女卑を決めつけていたのが

     

    不思議でなりません。訳が判らないです。

     

    多分、そうしておかないと皆が生きていけなかったのでしょう。と解釈します。

     

    (お〜い、お茶・・は男尊女卑?)

     

     

     



    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    ホームページ

    image.jpg
    願いを叶える護符の作成
    image2.jpg
    来訪の方への気功施術、
    遠隔地の方への遠隔気功

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:495 最後に更新した日:2019/08/22

    search this site.

    others

    メルマガ購読・解除
     

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM