information

杉山気功科学研究所ホームページ → http://www.sugiyamareihu.com

ご利益のある護符ホームページ → http://www.sugiyamareihu.com/ohuda 

   


中国は共産主義で、我々の住む国とは違うことを認識すべき

0

    中国が共産主義だと言うことを時々忘れがちになって、我々と同じような

     

    気分でみてしまうことがあります。

     

    まず、人権が無い国だということを肝に銘じなければいけません。

     

    チベットや、内モンゴル、ウィグル地区に対する弾圧は、時々少ししか

     

    聞くことがありませんが、物凄く酷いと想像させられます。

     

    (昔はそれぞれの国だった)


    思想や言論を弾圧するというのは、何とでも言いがかりをつけることが出来ます。

     

    また密告も奨励されているようですし。

     


    チベットの弾圧状況は時々聞きますが、ウィグル地区では思想犯か何か言いがかりを

     

    つけて犯罪者に仕立て死刑判決をつけて、ひとまず収容しておき、お客が来たら

     

    臓器を取り出して、その後に死刑にすると聞いたことがあります。

     

    ウィグル人(約800万人)の4人に1人は収監されているそうです。

     

    なので200万人を収容するのは大変そうです。信じられない規模ですね。

     

    捕まえる理由はテロ対策とかで、誰でも捕まえられます。

     

    (今では自治区と言ってます。)


    腎臓でもお客と合わないと移植出来ませんからね。

     

    ウィグル人は民族的に白人ですから適合しやすいのでしょうか。


    お客さんは欧米のお金持ちです。腎臓は3千万円らしいです。

     

    でも合わなくてお客も死んでしまうこともあるらしいです。

     

    その時は、お客に対して身体弱いね。と言って済ますそうです。

     

    (ウィグル人・・・トルコ系で目鼻だちがハッキリしている)


    インドなんかも子供をさらって売り飛ばしますが、簡単な金儲けの方法です。

     

    その窓口は決して言えません。とても恐ろしい事になりますから。

     

    やはりお客は、欧米か!

     


    今でもそうだと思いますが、中国では人民は人ではなく犬と同じ感覚があるようです。

     

    人権などという思考が根本から無いのでしょう。

     

    時々捕まえてランチにして食べちゃおうという感覚でしょうか。

     


    そこを踏まえて考えると、特許などの知的財産を侵さないなどという思考は

     

    皆無だと理解するしかないと思います。

     

    なので今までは大目に見てやったけど、覇権を唱えだしたので、もう勘弁ならん。

     

    というのが米議会の一致した意見でしょう。

     


    知的財産を侵さないというルールも最終的には軍事力で抑え込むしかないと思います。

     

    新日鉄から秘密の製法を盗み出した韓国のポスコに対して、日本に軍隊が無いため

     

    泣き寝入りするしかなかったように、暴力装置が無いとやられ放題です。

     

    (ハーウェイ)


    中国と米国の貿易戦争は始まったばかりですが、米国は中国を自分の都合の良い

     

    国に仕立てようとしていくでしょう。

     

    イスラエルの左派が今のところ優勢でトランプを操っていますが、右派が盛り返すと

     

    また中国に対する施策も流動的になりそうです。

     


    日本人はとりあえず、中国製のスマホやPCを使わない事です。

     

    バックドアーが仕掛けられていますから当たり前ですよね。

     



    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    ホームページ

    image.jpg
    願いを叶える護符の作成
    image2.jpg
    来訪の方への気功施術、
    遠隔地の方への遠隔気功

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:431 最後に更新した日:2018/12/14

    search this site.

    others

    メルマガ購読・解除
     

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM