information

杉山気功科学研究所ホームページ → http://www.sugiyamareihu.com

ご利益のある護符ホームページ → http://www.sugiyamareihu.com/ohuda 

   


AIで人類は滅亡しないし、シンギュラリティも絶対来ない、でも・・・

0

     

    「AIvs 教科書が読めない子供たち」 新井紀子 東洋経済新報社

     

     

    新井紀子 国立情報学研究所教授 同社会共有知研究センター長

     

    2018年2月15日発行

     

    2011年より人工知能プロジェクト「ロボットは東大に入れるか」

     

    プロジェクト ディレクタを務める

     

     

    という難しそうだけど案外読みやすく素人にも判るように、飽きさせないように

     

    ユーモアを交えながら書かれた本を7割ほど読みました。

     


    なんだか今にもAIに人類はメタメタにやられて滅亡しちゃうのでは?

     

    将棋もやられちゃったし、もうアカンとお思いのアナタ。

     

    安心してください。見えませんから。

     


    じゃなくて、しょせんAIは計算機にすぎません。

     

    という光明を人類に指す、必読の書でありまする。

     

    ああ〜良かった。ありがたやありがたや。

     


    簡単に言うと、計算機であるコンピューターは足し算と掛け算しかできません。

     

    また、AIは読書しませんから。

     

    人間がデータを打ち込んでやらないと、それも膨大なデータをです。

     

    ディープラーニングとか言っても思考をした訳でもなさそうです。

     

    きゃつらが出来ることは、論理、確率、統計の範囲内だけです。

     


    論理を外れる事はできません。確率も統計も誤差があります。

     

    例1、「先週、岡山と広島へ行った」

     

    例2、「先週、岡田と広島へ行った」

     

    中学生なら1と2の違いはすぐに判ります。

     


    これをAIに理解させるには膨大なデータを人間が打ち込んでやらないといけないそうです。

     

    語学にはこんな例がいくつもいくつもあるそうで、それこそ今から地球が滅亡するまで

     

    データを打ち込んでやらないといけないそうです。

     

    (東ロボくん)


    と言うことでシンギュラリティは絶対に来ませんし、東大ロボは東大に永久に受かりません。

     

    MARCHには合格しそうです。

     

    特に国語と英語は偏差値50から60くらいまでしかいきません。

     

    数学は偏差値77とかいきますが。

     

    AIは神にもなれないし、人類を滅ぼしもしません。

     


    でもしかし、今後20年間でホワイトカラーの50%の仕事は消滅するそうです。

     

    その時に余った人たちに何が出来るか?

     

    AIより優れている人は少なそうです。これが全世界同時に起きてきます。

     

    わが社だけAIを導入せずにいる訳にはいきません。倒産しますから。

     


    そこで著者は意味を理解する人間はAIに負けないと言います。

     

    AIは意味は理解できないのだそうです。

     

    意味を理解するというのは読解力だそうです。

     

    文章の読解力です。これが今の子供たちは危機的状況にあるそうです。

     

    まだ途中までしか読んでいませんので、多分こんな事が書いてあるのだろうと思っています。

     

    子供や孫が心配だ〜・・・私は関係ないです。多分、死んでます。

     

     



    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    ホームページ

    image.jpg
    願いを叶える護符の作成
    image2.jpg
    来訪の方への気功施術、
    遠隔地の方への遠隔気功

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:378 最後に更新した日:2018/05/25

    search this site.

    others

    メルマガ購読・解除
     

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM