information

杉山気功科学研究所ホームページ → http://www.sugiyamareihu.com

ご利益のある護符ホームページ → http://www.sugiyamareihu.com/ohuda 

   


GSOMIA脱退後の韓国はどうなるのか?

0

    韓国がいよいよGSOMIAを破棄しようとしています。

     

    今月の23日の午前0時が期限でしたか?

     

    米国の高官が説得しようと見せてはいますが、ポーズに過ぎません。

     

    日本は黙ったままで、トランプ大統領の意向を表しています。

     

    トランプ大統領は「俺、知らんもんね」とだけ言っています。

     


    さて、23日の後に米国は何をしてくるか想像してみます。

     

    同盟国とはもう見ていないでしょうから、かなりエグイことをすると思います。

     

    顔に泥を塗られた世界の覇者が大人しくしているはずはありません。

     


    先に、5G及び6Gの芽を摘んでおこうと、日本に命令して高純度フッ化水素を

     

    事実上の出荷停止にしました。これによりサムスンは7nm以下の半導体が作れなくなり

     

    最先端の分野から外され、サムスンの半導体分野の未来が潰されました。

     

    サムスンの半導体部門は、安物の半導体を作る二流の水準のまま

     

    立ち枯れていくのではないでしょうか。

     


    そして今後ですが、アメリカは米軍の撤退に入る前に金で締め付けてくると思います。

     


    中国と同じように関税を引き上げるでしょう。

     

    そしてアメリカ国内の韓国企業に対する、訴訟や嫌がらせで追い出しにかかるでしょう。

     

    また、アメリカ国内で物を売れないように仕向けると思います。

     


    今現在も、米軍への負担金を5倍にしたり無理な要求を5つ突き付けています。

     

    また、為替相場もウォン売りに傾き突然のデフォルトもあるかもしれません。

     


    日本にも助けるなと言っていますので、アメリカも座して眺めるだけでしょう。

     

    韓国は溺れた犬となって世界中から棒で突つきまわされる事になります。

     


    アメリカから見れば韓国は自国の10分の1くらいにしか見えないでしょうから、

     

    イランを苛めるのと同列くらいに思っているかもしれません。

     

    人口はカリフォルニア州くらいですから。

     


    韓国がフッ化水素をどこに流したかは掌握済みですので、GSOMIA 破棄を撤回されても

     

    困ります。ここまではシナリオ通りでしょう。

     


    それでも韓米の同盟は揺るがないとムン大統領は発言し、そう思いたがっているかどうかは

     

    判りませんが、本気で米軍撤退を成し遂げようとしているかもしれません。

     

    その後に何がどうなるかは考慮せず、主義に命を捧げようと邁進しているようにも見えます。

     

    もう旗色は赤に決まりました。

     


    一種の革命でしょうか?

     

     

    泥水をすすって、這いつくばって革命を成功させるのはロマンがあります。

     

    ムン大統領は国民は貧乏になっても必ず着いてきてくれると信じているかもしれません。

     

    欧米型の爛れた豪奢な生活は悪で、貧しくとも清らかな精神で真っ当な世界を作ろうと

     

    していて、根本的に金持ちが嫌いかもしれません。

     


    一理あると思います。

     

    (ベネズエラのスーパー)

     

    精神が金に汚されるよりも、矜持を保ち精神的勝利を勝ち取る方が良い・・かもしれません。

     

    そして日本に精神的に勝ち、民族の誇りを保つのは何よりも素晴らしいことだと思います。

     


    それはそれでいいんですけどね。

     

    講演会などでこのように煽られると、一瞬そうかな?と高揚しますが、一歩会場を出ると

     

    冬の寒さが現実を思い起こさせてくれます。

     

    暖かい部屋で美味しいものを食べて、柔らかなベッドで明日を憂えずに眠りたいのが庶民です。

     

    高邁な理想で栄養失調の身体は癒せません。

     

    韓国がそうならなければ良いのですが、シナリオ通りに事が運んでいると思います。

     

    インフレが進み仕事は無く、人々が路頭をさまよい歩く暗黒の時代がやってきます。

     

    (オンドル式 床暖房)


    ムン大統領は、かつての日本の学生運動の何とか派が喚いていた空論を、そのまま現代でやっている

     

    ドンキ・ホーテのような大統領だと感じます。

     

    実際にそうなったとしたら、人情としては韓国の国民が可哀そうすぎると感じます。

     

    これから寒い寒い冬が来ます。

     

     

     

     

     



    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    ホームページ

    image.jpg
    願いを叶える護符の作成
    image2.jpg
    来訪の方への気功施術、
    遠隔地の方への遠隔気功

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:520 最後に更新した日:2019/11/16

    search this site.

    others

    メルマガ購読・解除
     

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM